デリヘルの宣伝広告は反則技のオンパレード!過激すぎて警〇のお世話に!?

デリヘルは店舗がないため宣伝が最重要課題

デリヘル宣伝
ご存じの通りデリヘルは無店舗型の風俗店である。店を構えていると通りすがりの男性が訪問することもあるが、店舗がないのでこちらから宣伝していかないとお客さんは絶対に来ない。今でこそスマホでサイトを作ればアクセスを集められ簡単に集客できる。しかし、私が始めたころはまだガラケー時代で、パソコンも今ほど普及していなかった。

なので風俗を利用しようと思えば、風俗街に行き案内所で紹介してもらうか、スポーツ新聞やエロ本の広告を見て探すしかなかった。しかし、私はお金がなかったので新聞などに広告を載せることができなかった。そして私たちがとった宣伝方法とは…



ビジネスホテルに小さな広告チラシを毎日投げ込む

ビジネスホテル
かろうじてパソコンとプリンターがあったので自身でチラシを制作した。A4の紙に4分割した小さな広告を印刷してハサミで4つに分割。それを持ってビジネスホテルに向かう。ビジネスホテルは出張に来ているサラリーマンが宿泊することが多く、土地勘のない所なので夜は在宅率が高い。部屋の前に行き、ドアの下の隙間から作った小さなチラシを指でピン!と跳ね室内に入れ込むのである。

チラシには店名とキャッチフレーズ、60分コースの金額、電話番号。キャッチフレーズは「出張性感!いかがですか?」これだけ。電話番号はもちろん携帯番号。毎日毎日夕方18時に放り込んだ。これが大ヒット!酒を飲んで帰ってきた出張サラリーマンは女が欲しくなりついつい電話してしまう。ビジネスホテルは近所に5件あったのでかなり稼がせてもらった。



飲み屋やパチンコ店のトイレ内にチラシをわざと置いておく

飲み屋
電話ボックスにチラシを置いたり張ったりすると違法なので、風俗店を利用しそうな人が集まりそうな場所にわざとチラシを置いていた。パチンコで勝ったらほとんどの人はそのお金で飲みに行き、その後はお決まりの風青く店巡り。飲み屋も同じで飲んだ後は風俗店に行く人が多い。それを狙ったのである。

結果はあまり芳しくなかったが、チラシ代は十分に回収できた。そして、そのチラシで来た客はリピーターにもなってくれてかなり助かった。



電柱に看板を取り付け集客!

デリヘル看板
さらに売り上げを増やすためにさらなる行動に出た。それは、信号待ちをしている車の男性もお客さんにしてしまう事である。そのために信号の手前の電柱にA4で作ったチラシをひもでくくりつけた。紙だけでは弱いのでA4サイズで段ボールを切ってもらい頑丈にした。ちょうど渋滞する場所で必ず長時間停車するので目につくのである。

結果は・・・大成功!信号待ちしている間に電話番号を控えてかけてくる人が多いこと!次の日になると看板は撤去されているので2日毎に付けに行った。しかし、長くは続かなかった。警察に呼び出され厳重注意された。二度としないと約束させられ無事に家に帰った。しかし、ビジネスホテルは続けた。最後は警察に目を付けられたがかなり稼がせてもらったので良しとしよう。



タイプ別セフレ専門出会い系サイトで女の子とセックスしよう!

私が紹介している出会い系サイトを使うと無料でセフレを見つけることができる。しかし、一つのサイトだけに登録しているよりも複数登録でセフレ希望女性の待ち受けを多くすることによってさらに短時間で複数のセフレを作ることができる。下記より自分の目的のタイプのセフレを見つけましょう!